教員採用試験について

今の日本の教育現場を変えよう、あるいは子供達に教育の素晴らしさを伝えていきたい、といった高い志を持って教員を目指す方達がいます。学生時代に、学校の先生がとても素晴らしい人であったことから、自分もこんな先生になりたいと考えるようになり、教員を目指す方もいます。

教員、学校の教育現場で働く教職員になるためには、教員採用試験を受験して、合格しなければなりません。教員になるための課程を履修できる大学や、教員を養成する学部学科で勉強して、教育実習を経て、教員採用試験に合格することは、教員になるために必要な条件です。ただ、注意しなければならないことがいくつもあり、一口に教員になると言っても、公立学校か私立学校か、高校か中学か、自分が目指す教員の姿によってはその進み方も違ってきます。

更に、教員採用試験に合格したからと言って、そのまま即教員になれるわけではありません。教員になるためには面接試験もありますし、私立の学校においては私学適性検査も実施されていますので、それも通過しなくては教員にはなれません。教員は、科目を教えるだけではなく人との接し方も重要ですので、面接対策は特に重要です。

教員採用試験とは何なのか、また教員採用試験を受験するまでにはどのような流れになっているのか、教員を目指すのであれば、その当たりをきちんと把握しておく事が必要となります。ここでは、教員採用試験について、その内容と流れについて解説します。